RHEL 7にAcronis Backup for Linux Serverをインストール

Facebooktwittergoogle_plusmail

Red Hat Enterprise Linux 7にAcronis Backup for Linux Serverをインストールしてみました。

Acronis Backup for Linux Server
http://www.acronis.com/ja-jp/business/backup/linux-server/

今回は無償試用版を使ってのインストールです。
ユーザ登録を行なうと32bit,64bit版のダウンロードができます。
Image20160411175026

このバックアップソフトはコマンドでもGUIでも管理でき、さらに別途費用が発生しますが集中管理もできます。

単体でも高機能でSymantecよりも好きなのですが、折角のGUI管理がWebベースで無いためにデスクトップ環境が必要になります。
また単体ではGUI管理はローカルからの接続しか許可していないのでリモートで管理するときは工夫が必要になります。

で、先日RHEL 7にGnome環境をインストールしたのでした。

RHEL 7にGnome Desktopをインストール

今回はダウンロードしたAcronisBackupL64_11.7_trial_ja-JP.x86_64を使ってインストールしてみます。
インストールについては下記のインストールガイドを参考にしました、。

Acronis Backup for Linux Server – インストールガイド
http://www.acronis.com/ja-jp/download/docs/abls11.7/installguide/

  1. インストール環境の確認
    1. カーネルのバージョンと必要な GCCバージョンを確認
    2. gccとmake
    3. gccがインストールされていないのでインストールします。

    4. perl
    5. perlも無いのでインストールします。

    6. kernel-devel
    7. kernel-develが無ければインストールします。

  2. Acronis backupのインストール
  3. 対話型、無人モードでのインストールができますが今回は対話型でインストールしてみます。

    1. 実行権限の付与
    2. AcronisBackupL64_11.7_trial_ja-JP.x86_64をサーバの適当な場所に保存して実行権限を付与します。

    3. ようこそ
    4. Image20160414163707

    5. 使用許諾契約書
    6. 同意します。
      Image20160414164017

    7. 登録方法
    8. 使用モードでのインストールを選択します。
      Image20160414164230

    9. コンポーネントの選択
    10. インストールするコンポーネントを選択します。
      Image20160414164406

    11. コンポーネントのインストール
    12. 各コンポーネントがインストールされます。

      Image20160414164533

      Image20160414164540

      Image20160414164546

      Image20160414164551

    13. インストール完了
    14. Image20160414164626

インストールが完了したのでコンソールから起動してみます。
[アプリケーション]-[システムツール]にAcronis Backup 11.7をクリックすると起動します。
あるいはコマンドから起動するなら/usr/sbin/acronis_consoleを実行します。
Image20160414171200

管理画面が表示されてバックアップなどの設定が可能です。

Image20160414171734

Image20160414165945

本来ならLinuxサーバにはagentだけ導入して集中管理できれば、Linuxにデスクトップ環境など必要ないのですが、予算が厳しい場合は仕方ないですね。

またデスクトップ環境を導入しなくてもコマンドベースで管理もできるようですが、慣れるまでが少し大変そうです。

Leave a Reply