Shell script to delete the backup files of Symantec System Recovery 2013 Linux Edition

Facebooktwittergoogle_plusmail

Symantec System Recovery 2013 Linux Editionのバックアップについて調査しています。
先日リカバリポイントスケジュールで作成されたバックアップファイルはユーザが消す作業を行わない限り残り続けます

最終的にはバックアップ先のディスク容量をゼロにするでしょうね
ドキュメントを見てもこの件について言及しているのを見つけられませんでした

これはちょっと商品としてどうかな~と思います
ご存じの方、是非教えて下さい

Scheduling a backup of recovery point set with SSR 2013 Linux Edition
http://www.rootlinks.net/2014/03/21/scheduling-a-backup-of-recovery-point-set-with-ssr-2013-linux-edition/


どちらにしろ消えないと困るのでshell scriptを作成して試してみました
リカバリポイントのバックアップファイルは下記のように作成されます

リカバリーポイントのベース作成は週ごとで、それ以外は増分を毎日取得するように設定してあります
v2iがベース,iv2iが増分バックアップになります。下記で2週間分ですね
ちなみにsystemは/(root)パーティションになります

バックアップを4週間分だけ保存するようにして、それより古いバックアップファイルは削除します。削除はベースと増分をまとめて削除します

パイプの連続で美しくないですが、どなたでも分かり易いと言うことで(笑)
バックアップスケジュールに合わせて上記スクリプトを実行すれば削除されると思います



お約束ですがすべて自己責任でお願いします
誤って必要なファイルが削除されても当方は責任を負いません

Leave a Reply

  

  

  


*