Raspberry PiにRaspbian Buster Liteをインストール – Pi-Hole

Facebooktwittermail

Pi-Holeを使ってみたくて初代Raspberry Piを引っ張り出してきてRaspbian Buster Liteをインストールしました。

Raspbian “wheezy” install


2012年12月購入でした。

Pi-hole® Network-wide Ad Blocking
https://pi-hole.net/

DNSベースで広告配信サイトをBlacklistとしてブロック、広告を非表示にするソフトウェアです。

Raspbian Buster Lite
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

それではRaspbian Buster Liteをインストールします。今回は32GBのSDカードを用意してインストールしました。



  1. Raspbian Buster Liteをダウンロード
  2. 上記サイトからダウンロードします。今回は2020-02-13-raspbian-buster-lite.zipを利用しました。DIs

  3. 解凍と書込み
  4. 解凍すると2020-02-13-raspbian-buster-lite.imgが作成されます。
    このOSイメージファイルをSDカードに書き込みます。今回はWin32 Disk Imagerを使用しました。
    https://ja.osdn.net/projects/sfnet_win32diskimager/


  5. Raspbian Buster Liteの起動
  6. SDカードをRaspberry Piのセットして起動します。


    What is the username and password for the Raspberry Pi?
    https://www.raspberrypi.org/documentation/faqs/#troubleshoot

    The default username for Raspbian is pi (without any quotation marks) and the default password is raspberry

  7. 環境設定
  8. raspi-configコマンドで環境設定を行います。
    ユーザpiのパスワード変更、ホスト名、キーボードレイアウト、ロケール、タイムゾーン、sshの有効などでしょうか。



  9. 更新
  10. OSを最新に更新します。

Leave a Reply