Install open-vm-tools on CentOS 7 VM

Facebooktwittergoogle_plusmail

VMware ESXi 6.0に仮想マシンとしてCentOS 7をインストールしました。
いつものようにVMware-Toolsをインストールしようとしたところ何やらメッセージが表示されました。

Image20150612110406


VMwareはベンダーから提供されているopen-vm-toolsの使用を推奨しますよってことらしい。

VMware support of open-vm-tools (2073803)
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2073803

VMware による open-vm-tools のサポート (2074713)
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2074713

VMware Toolsのオープンソースに各ベンダーがそれぞれのOSに適したモジュールとしてopen-vm-toolsを提供しているってことでしょうか。

open-vm-tools
http://open-vm-tools.sourceforge.net/

open-vm-tools download
http://sourceforge.net/projects/open-vm-tools/files/
最新ソースパッケージはopen-vm-tools-9.10.0-2476743.tar.gz (4.1 MB)でした。

さて試しにこのパッケージをダウンロードしてコンパイルしてみます。

INSTALLをざっくり読んだところとりあえず”./configure; make; make install”でいいようです。

ライブラリが不足しているようです。

yumで提供されているか探したらありました。

取り敢えずyumでインストールをしてみました。

CentOS 7を再起動してしたところ”VMwareTools:(?)実行中(管理対象ゲスト)”となりましたが、ちょっと(?)マークが気に入らないな(^^
Image20150612113150

【2015/07/09 追記】

[GLib-GObject]はBugのようです。
Bug 1010531 – vmusr[1334]: [ warning] [GLib-GObject]
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1010531

Leave a Reply