Install Zabbix on CentOS 7 with yum(Web Setup)

Facebooktwittergoogle_plusmail

Zabbixプログラムのインストールが完了したのでWeb経由でセットアップを実行します。
Image20160102150253

Install Zabbix on CentOS 7 with yum(Apache,php,mariaDB)
https://www.rootlinks.net/2016/01/04/install-zabbix-on-centos-7-with-yumapachephpmariadb/

Install Zabbix on CentOS 7 with yum(Zabbix repo)
https://www.rootlinks.net/2016/01/05/install-zabbix-on-centos-7-with-yum-zabbix-repo/


ウィザードを実行するにはhttp://zabbix_server_ip/zabbix/にアクセスします。

  1. ようこそ
  2. Webブラウザでアクセスすると「ようこそ」画面が表示されますので[Next]をクリックします。
    Image20160102160452

  3. 前提条件チェック
  4. システム環境をチェックして前提条件を満たしているかチェックが行われます。
    [OK]が表示されれば[Next]をクッリクします。
    Image20160102160523

  5. DB接続情報設定
  6. Zabbix DBへの接続情報を設定します。
    DB名、DBユーザ、DBパスワードを設定して[Test Connection]をクリックします。
    [OK]が表示されれば[Next]をクリックします。
    Image20160102160808

  7. Zabbix Server 情報
  8. 変更する必要は無いので[Next]をクリックします。
    Image20160102160816

  9. インストールの要約
  10. 設定情報の要約が表示されます。
    [Next]をクリックします。
    Image20160102160834

  11. Configファイル作成
  12. 設定情報に合わせてConfigファイル(/etc/zabbix/web/zabbix.conf.php)が作成されます。
    [Finish]でZabbixログイン画面が表示されます。
    Image20160102160845

  13. ログイン
  14. 初期ユーザ:Admin, パスワード:zabbixでログインします。

    Image20160102161205

    Image20160102161214

  15. 日本語表示
  16. 日本語表示に設定します。
    右上の[Profile]をクリックして[Language]を[Japanese(ja_JP)]に変更して[Update]をクリックします。

    Image20160102161240

    Image20160102161250

これでZabbix監視サーバのインストールは完了です。
あとは監視対象の機器にAgentを追加してアラーム設定等を行うことになります。

Leave a Reply