Install MariaDB 5.5 on RHEL 6.8 – MariaDB.repo

Facebooktwittergoogle_plusmail

Red Hat Enterprise Linux Server release 6.8にMariaDB 5.5をインストールしてみました。

https://mariadb.com/ja
mariadb-badge-180x60

【検証環境】
・Red Hat Enterprise Linux Server release 6.8 (Santiago)
・Kernel: 2.6.32-642.el6.x86_64
・mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.73, for redhat-linux-gnu (x86_64) using readline 5.1
 mysql-libs-5.1.73-7.el6.x86_64
 mysql-devel-5.1.73-7.el6.x86_64
 mysql-server-5.1.73-7.el6.x86_64
 mysql-5.1.73-7.el6.x86_64
 mysql-connector-odbc-5.1.5r1144-7.el6.x86_64

  1. Uninstall mysql
  2. Create MariaDB.repo
  3. yum による MariaDB のインストール
    https://mariadb.com/kb/ja/yum/

    repository generator
    https://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/

    repository generatorで必要なディストリビューション、OS、DBバージョンを選択するとリポジトリが作成されます。
    image20161023132850

    Copy & Pasteで/etc/yum.repo.d/mariadb.repoを作成します。
    継続して使用すするのでenable=1を追記しています。

  4. Install MariaDB
  5. 起動確認
  6. 起動スクリプトは/etc/init.d/mysqlです。

MariaDB 10.1もインストールできそうな気がしますがどうでしょうか。

Leave a Reply

  

  

  


*