Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 Server Install

Facebooktwittergoogle_plusmail

Microsoft Hyper-V Server 2008 R2がdownloadできるようになっていたので早々に試して見た
Downloadサイズは1.6GBあるので落とした後にISOファイルをDVD-Rに焼き付ける
VMWare ESXi Serverに仕立て上げていたサーバのHDDを余っている80GBに交換してインストール開始
DVD-ROMからBootさせるといつものインストール画面が表示され適当に[次へ]
Partition作成で80GBを1partitionで作成すると、システムがHDDの先頭から100MBを「システム予約領域」として確保していた。
そのまま続行すると後は自動でインストールが開始され完了。インストールそのものは10分ぐらいで終わってしまった

インストール後にまずadministratorのパスワード設定が求められ、そのあとは自動でスクリプトが起動してサーバ名等の設定が行えるようになる
Hyper-V 2008

Microsoft Hyper-V Server 2008はServer Core+Hyper-Vで管理はすべてcommandベース
このままでは仮想OSのインストールさえ出来ない様子なので、リモート管理ができるようにしないとならないがこれは次回

因みにデフォルトで動作しているサービスは下記のものでした
Application Experience
Base Filtering Engine
Certificate Propagation
COM+ Event System
Cryptographic Services
DCOM Server Process Launcher
DHCP Client
Diagnostic Policy Service
Distributed Transaction Coordinator
DNS Client
Group Policy Client
Hyper-V Image Management Service
Hyper-V Networking Management Service
Hyper-V Virtual Machine Management
IP Helper
Network List Service
Network Location Awareness
Network Store Interface Service
Plug and Play
Power
Remote Desktop Configuration
Remote Desktop Services
Remote Desktop Services UserMode Port Redirector
Remote Procedure Call (RPC)
Remote Registry
RPC Endpoint Mapper
Security Accounts Manager
Server
System Event Notification Service
Task Scheduler
TCP/IP NetBIOS Helper
User Profile Service
Windows Event Log
Windows Firewall
Windows Management Instrumentation
Windows Remote Management (WS-Management)
Windows Update
Workstation

Leave a Reply