Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 (PasswordComplexity)

Facebooktwittergoogle_plusmail

Hyper-V Server 2008 R2はGUI管理ができないので何かと不便。その分セキュリティが向上しているとも言える

Windows Server 2008をServer Coreでインストールしてもドメインのメンバーにしたりドメインサーバとして構築すればリモート管理でなんとかGUIベースの管理ができる

無償のHyper-V Server 2008 R2ではドメインサーバには出来ないがドメイン参加はできるので、ドメイングループポリシーを掛けてしまえばそれでもいいのだが、今回のようにWorkgroupの場合はローカルグループポリシーがどうあがいても変更できない・・・と思っていた

でもちゃんとコマンドは用意されているんですね。私の探し方が悪かっただけ

で、試しに[アカウントポリシー]-[パスワードポリシー]-[パスワードは、複雑さの要件を満たす必要がある]を無効にしてみた

いや、単に老眼SEには複雑なパスワードは記憶できなくて、付箋にパスワードを書いてディスプレイに貼っておくことになるため(笑)

  1. Hyper-V Serverにログイン
  2. seceditコマンドで現在の設定をexport
  3. メモ帳でaccount.infを編集
  4. PasswordComplexityの10に変更して保存、終了

  5. ポリシーファイルのチェック
  6. ポリシーデータベース作成
  7. 作成したポリシーデータベースを使って設定
  8. エラーが出ます。ログを見ると

    でした。どうもexportしたinfの

    が悪さしているようです。このエラーの影響がどこまであるのかは不明です
    よって、くれぐれも自己責任でお願いします

  9. 取り敢ず確認

  10. パスワードを適当に 123 とかにしてもOKでした(^_^;

Leave a Reply