FreeNAS to boot from usb stick(data,swap partition)

Facebooktwittergoogle_plusmail

取り敢えず改造なしのEpson NP11にFreeNAS 7を使ってNASサーバの運用を行うべく、ちょっとだけ真面目に構築してみました。今回は前回同様USB bootですがUSBメモリ(4GB)上にswapとdata partitionを作成します

FreeNAS 7 Stable Releases
http://sourceforge.net/projects/freenas/files/FreeNAS-7-Stable/0.7.2.8191/FreeNAS-amd64-LiveCD-0.7.2.8191.iso

ISOイメージでbootしてUSBメモリへのインストールは、いつものようにVMware Workstation 8を使って行います

  1. 新規仮想マシンウィザードへようこそ
  2. 標準(T)(推奨) を選択

  3. ゲストOSのインストール
  4. インストーラ ディスク イメージ ファイル(M)(iso)でDownloadしたFreeNAS-amd64-LiveCD-0.7.2.8191.isoを指定

  5. ゲストOSの選択
  6. [その他]で[FreeBSD 64 ビット]を選択

  7. 仮想マシンの名前
  8. 実際にVMware上にはインストールしないので適当に

  9. ディスク容量の指定
  10. そのまま[次へ]

  11. 仮想マシンを作成する準備完了
  12. [完了]

  13. メモリの調整
  14. このままではメモリが[256MB]で起動してきません。[仮想マシンの設定を編集します]からメモリ容量を512MB以上にして下さい

  15. FreeNASの起動とUSB接続
  16. FreeNASを起動します。この直後にWindows PCに接続されているUSBメモリを仮想OSであるFreeNASに接続します(Windows PCからは切断)

  17. 9) Install/Upgrade to hard drive/flash device, etc.
  18. FreeNASが起動するとConsole setup Menuが表示されます。9) Install/Upgrade to hard drive/flash device, etc.を選択

  19. 2 Install ‘embedded’ OS on HDD/Flash/USB + DATA + SWAP partition
  20. 2を選択. OSに120MBで残りをDATAとSWAPに使用します

  21. Choose Installation media
  22. CD-ROMドライブを選択

  23. Choose destination media
  24. インストール先を選択します。今回はELECOMのUSBメモリを選択します

  25. Do you want to add a swap partition?
  26. Epson NP11はRAM1GBですので取り敢えずSWAPをUSBメモリ上に作成しました

  27. Enter the size of the swap partition in MB.
  28. SWAPを1024MBとりました。[OK]でインストールが始まります

  29. インストール完了
  30. インストールが完了するとDATA,SWAP Partitionの利用方法が表示されます。DATAがUFSでPartition 2, SWAPはPartition 3で /dev/da1s3です

  31. Install & Upgrade
  32. Install & Upgrade メニューに戻りますので[Exit]で戻ります

  33. Shutdown system
  34. USBメモリへのインストールは終わりましたので8)でシャットダウンします

あとは Epson NP11に接続してUSB bootを行いConsole setup Menuから2) Set LAN IP addressを実行してIpv4, IPv6の設定を行います

Leave a Reply