Enable swap partition on NAS4Free

Facebooktwittergoogle_plusmail

先日インストールしたNAS4Freeのswapを有効にしてみました

5GBのディスク容量でOS領域4096MB,swap領域779MBを指定してインストールしましたが、パーティション構成はこんな感じになっていました


index 1は/ partitionでmountされています。index 2はDATA領域として作成されたもので、index 3がswapとしてインストール時に指定した領域になります。5.6Mが未使用領域ですね

index 2と3、さらに未使用領域をまとめてswap領域として使用したいと思います

  1. index 2(243M)を削除
  2. index 2(243M)を削除します

  3. index 3(776M)を削除
  4. index 3(776M)を削除します。1.0Gの未使用領域ができました

  5. FreeBSDパーティションを作成
  6. FreeBSDパーティションを作成します。
    -sオプションを指定しなければ空き領域すべてを使用してパーティションを作成します

  7. NAS4Freeにログイン
  8. 準備ができましたのでWebGUIからNAS4Freeにログインします

  9. swapの設定
  10. メニューから[システム]-[高度な設定]-[スワップ]を選択します
    右上の[有効]にチェックを入れて[タイプ:デバイス][デバイス:/dev/da0s2]を指定して[保存]をクリックします

    [ステータス]-[システム]でスワップ使用率の項目が表示されていれはswapが有効になっています

    まぁメモリが潤沢に使えるならswapなんか要らないのでしょうが


【参考】

Leave a Reply

  

  

  


*