Install the LAN Driver on CentOS

Facebooktwittergoogle_plusmail

先日、最新のハードウェアに動作させるアプリケーションの都合でCentOS 5.5 32bit版をインストールしたらLANカードを認識していない

久しぶりにハードウェアを認識しない状況を体験しました

ネットワークが使えないのは致命傷なので早々にLANを認識させる作業に取り掛かりました

  1. lspciコマンドでpciを調べる
  2. lspciコマンドでpciデバイスに一覧を出力して確認します。Ethernet controllerが2つ表示されていました。
    これはLANポートが2つあるハードウェアだからです

  3. /proc/bus/pci/devicesを確認
  4. /proc/bus/pci/devicesを表示させてPCI Vendor IDとPCI Device IDを確認します。
    Ethernetが06でしたのでその行を確認すると80861521と表示されています。
    ここで8086がVendor IDで1521がDevice IDになります

    ※説明に必要なところを抜粋しています

  5. Vendor IDを調べる
  6. 私はいつも下記のサイトで調べています
    PCI Vendor and Device Lists
    http://www.pcidatabase.com/

    Vendor Searchの欄に8086を入力してサーチをかけるとIntel CorporationとでたのでインテルのLANチップを搭載していることがわかります

    さらにIntelから1521を調べるとLANチップの詳細が調べられます。
    i350 Gigabit Network Connectionであることがわかりました

  7. LANドライバダウンロード
  8. インテルのサイトからLinux用のLANドライバを探してダウンロードしてきます
    もちろんCentOSはLANが認識しないのでPCでダウンロード、USBメモリにコピーしてからCentOSにコピーしました

    今回は下記のドライバになります
    Network Adapter Driver for 82575/6, 82580, I350, and I210/211-Based Gigabit Network Connections for Linux*
    https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?DwnldID=13663

  9. LANドライバインストール
  10. igb-4.3.0.tar.gzを解凍してできたREADMEを読めばインストール方法が書いてありました。
    私はいつも開発環境もインストールしているのでrpmパッケージを作成してrpm でインストールして無事に認識しました

【README(インストールの部分だけ抜粋)】

Leave a Reply

  

  

  


*