OS X Yosemite – Connect Serial Console with iTerm2

Facebooktwittergoogle_plusmail

OS X YosemiteにUSB-Serial接続ケーブルのドライバをインストールしたので実際にルータに接続してみます

OS X Yosemite – USB-Serial connection driver
https://www.rootlinks.net/2014/10/26/os-x-yosemite-usb-serial-connection-driver/

ターミナルソフトのiTerm2を使用していますが、内部でscreenコマンドを実行しています。参考にしたサイトは下記です

iTerm2 – Mac OS Terminal Replacement
http://iterm2.com/

Cisco (and Juniper) Serial Console on Mac OS 10.7 and iTerm2
http://layer3.wordpress.com/2012/01/04/cisco-and-juniper-serial-console-on-mac-os-10-7-and-iterm2/


141026-0024

  1. プロファイルの作成
  2. [Preferences]-[Profiles]からシリアル接続専用のプロファイルを作成します

  3. Command設定
  4. [General]タブの[Command]でコマンドを指定します。OS X標準のscreenコマンドとデバイスを指定します
    Command: screen /dev/tty.usbserial
    他は必要に応じて設定して下さい。私はログファイルの設定もしています
    141026-0026

さて、ルータにコンソール接続してみます。無事に繋がりました
141026-0023


screenの終了方法は[Ctrl]+[A]の次に[Ctrl]+[\]です。画面下にReally quit and kill all your windows[y/n]と表示されるので[y]でscreenを終了します
141026-0022

もしいきなりiTerm2ウィンドウを終了した場合はscreenコマンドがシリアルポートを掴んだままになりますので接続できなくなります
141026-0020


この場合はプロセスを終了して下さい

Leave a Reply

  

  

  


*