Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 (管理クライアント)

Facebooktwittergoogle_plusmail

Hyper-V Server 2008をリモート管理するためにはWindows Vista SP1(x86/x64)以上のPCが必要になります
Windows Server 2008でも可能なのですが、だったら最初からWindows Server 2008 + Hyper-Vでいいじゃん。ってことになるので今回はVistaで作業します

今回のテスト環境ではドメインを構築しません。Workgroupでのテストです

  1. Hyper-V Manager MMC をインストール
  2. Windows Vista Service Pack 2 管理ツール for Hyper-V(Windows6.0-KB970203-x86.msu)
    http://www.microsoft.com/Downloads/details.aspx?familyid=551A9B83-241B-4E86-B329-441374DDCF23&displaylang=ja

    Windows Vista 用の Hyper-V リモート管理更新プログラム(Service Pack 1用/Windows6.0-KB952627-x86.msu)
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=BF909242-2125-4D06-A968-C8A3D75FF2AA&displaylang=ja


    パッケージをDownloadして、そのままダブルクリックでインストールします
    但し、インストールが完了しても実際には[コントロールパネル]-[管理ツール]にMicrosoft リモート サーバー管理ツールのヘルプファイルが登録されるだけです
    Hyper-V マネージャ有効にするには機能の有効化作業が必要です

    • [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[プログラム] をクリック
    • [プログラムと機能] 領域で、[Windows の機能の有効化または無効化] をクリック
    • ユーザー アカウント制御により、[Windows の機能] ダイアログ ボックスを開くことを許可するかどうか確認するメッセージが表示されたら、[続行] をクリック
    • [Windows の機能] ダイアログ ボックスで、[リモート サーバー管理ツール] を展開
    • インストールするリモート管理ツールを選択
    • [OK] をクリック

    機能が有効化されると[コントロールパネル]-[管理ツール]に[Hyper-V マネージャ]が作成されます

  3. Hyper-V ServerのFirewall設定変更
  4. デフォルトではHyper-V ServerのFirewallが有効になっている為にリモート管理はできません
    この為Firewallの設定変更が必要でHyper-V Serverのコンソールで作業を行います
    (Hyper-V Serverのリモートデスクトップを有効にしておけば、リモート操作が可能なのでそちらが便利でしょう)

    変更後のFirewallの状態はこちら

  5. HVRemoteツールのダウンロード
  6. HVRemoteツールはリモート管理設定ツールです。現在はVersion 0.7です

    Hyper-V Remote Management Configuration Utility
    http://code.msdn.microsoft.com/HVRemote

    このツールはHyper-Vサーバ、Vistaクライアント両方で実行します。DownloadしたHVRemote.wsfはUSBメモリなどでHyper-Vサーバにコピーしてください

  7. Hyper-V管理者アカウントの追加(サーバ作業)
  8. cscriptを既定スクリプトホストに指定

    管理者アカウント hvadmin 作成

    ここでパスワードを複雑にしないとエラーになります。これは既定のアカウントポリシーで「パスワードの複雑さ」が有効になっているためです

    管理者 hvadmin を administrators に登録

    管理者 hvadmin をHyper-V管理用として登録

  9. VistaクライアントでFirewallの設定
  10. Microsoft 管理コンソール(mmc)のポートを開放します

  11. VistaクライアントのDCOMアクセスの許可
  12. Vistaクライアントにhvadminユーザ作成
  13. hvadminはadministratosグループに登録してパスワードはHyper-Vサーバで登録したhvadminと同じパスワードにします

  14. Vistaクライアントにhvadminユーザでログイン
  15. ログインしたら[管理ツール]からHyper-V マネージャを起動しメニューの[操作]から[サーバ接続(C)…]を選んでHyper-Vサーバを指定します
    Hyper-v_2

    Hyper-vサーバに接続できれば完了です
    Hyper-v_3

    参考サイト
    Windows Server 2008のHyper-Vをリモートから管理する(HVRemote/ワークグループ編)
    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1106hvremote/hvremote.html

Leave a Reply