Install OS X Mavericks on VMware Fusion 5

Facebooktwittergoogle_plusmail

OS X MavericksをクリーンインストールできるUSBメモリを作成しましたので動作確認も含めてVMware Fusion 5にインストールしてみました

How to make a OS X Mavericks USB bootable Drive
http://www.rootlinks.net/2013/10/23/how-to-make-a-os-x-mavericks-usb-bootable-drive/


まずVMware Fusionに新規仮想マシンを作成します

  1. 新規
  2. メニューから[ファイル]-[新規]を選択します

  3. ディスクを使用せずに続行
  4. インストール用メディアの指定画面になりますがUSBブートしますので[ディスクを使用せずに続行]を選択します

  5. カスタム仮想マシンの作成
  6. [カスタム仮想マシンの作成]を選択します

  7. OSの選択
  8. インストールするOSの指定画面です。VMware Fusion 5ではMac OS X 10.8(64ビット)までの正式対応のようですが、取り敢えずMac OS X 10.8(64ビット)を指定します

  9. 終了
  10. 仮想マシン名を指定して終了します。今回は[Mac OS X 10.9(64ビット)]と名前を付けました

  11. 仮想マシンの電源ON
  12. 仮想マシン[Mac OS X 10.9(64ビット)]の電源をONにします
    ただし、OSが無いのでエラーで止まってしまいます

  13. USBメモリを仮想マシンに接続
  14. ホストマシンに接続してインストール用USBメディアを仮想マシンに接続します

  15. 仮想マシンの再起動
  16. 仮想マシンを再起動します。このとき仮想マシンにフォーカスを切り替えて”Alt”キーを押します

  17. ブートメディア指定
  18. ブートマネージャで OS X MavericksのUSBブートメディアを指定します

以降はMac OS Xのインストールが始まりますので指示に従ってインストールを完了します
仮想マシンのメモリを4GBに増やして動作させてみましたが、ホストマシンのMac miniが力不足でもっさり感があります

OS X Mavericksのインストール用USBメディアとしては問題無かったので安心しました

Leave a Reply

  

  

  


*