How to make a OS X Mavericks USB bootable Drive 5

Facebooktwittergoogle_plusmail

昨日、22日にAppleから発表になったOS X Mavericks(OS X 10.9)ですが、なんと無料でアップデート可能になったとのことでダウンロードしてみました

OS X Mavericks
http://www.apple.com/jp/osx/

OS X Mavericksへアップグレードする方法
http://www.apple.com/jp/osx/how-to-upgrade/

私のMacはMac mini(MC238J/A) + Mac OS X 10.6.8(Snow Leopard 64bit Kernel)で対応機種:Mac mini(Early 2009以降)でギリギリ対応しています

ただ今回はインストールしてあるVMware Fusion 5やiSCSIイニシエーターのソフトの関係でアップグレードは行わず、いつでもインストールできるようにブート可能なOS X Mavericks USBインストールメディアを作成しました


参考サイト
1. How to Make a Bootable OS X Mavericks USB Install Drive
http://osxdaily.com/2013/06/12/make-boot-os-x-mavericks-usb-install-drive/

2. How to make a bootable install of Mavericks on Flash USB Drive?
http://forums.macrumors.com/showthread.php?p=18081307#post18081307

  1. Mac App Storeからダウンロード
  2. App StoreからOS X Mavericksをダウンロードします。ダウンロードが終了するとインストール開始画面が表示されますので終了します

    131023-0007

    131023-0009

    131023-0010

  3. USBメモリの準備
  4. 8GB以上のUSBメモリをディスクユーティリティでフォーマットします。フォーマットは[Mac OS 拡張(ジャーナリング)]で名前は[Untitled]を指定します
    131023-0012

  5. Terminalでcreateinstallmedia
  6. さて、ここで参考サイト2.の方法で作成してみました。これで作成できればとても簡単です

    エラーになってしまいました。何度やっても同じエラーで終了してしまいます
    フォーマットしてあるのにディスク消去エラーってなんだろう???

    Failed to start erase of disk due to error (-9999, 0).
    A error occurred erasing the disk.

    同じ症状で悩んでいる人がいました。どうも10.6ではダメそうです
    Trying to create a Mac OS X Mavericks bootable USB. ‘Failed to start erase of disk due to error (-9999, 0).’
    http://nerdanswer.com/answer.php?q=345102

    今度は参考サイト1.の方法で作成してみます

  7. 隠しファイルを表示する
  8. パッケージの内容を表示
  9. アプリケーションフォルダのOS X Mavericksインストールを右クリックして[パッケージの内容を表示]を選択します
    131023-0013

  10. InstallESD.dmgのマウント
  11. “SharedSupport”フォルダにあるInstallESD.dmgをダブルクリックしてマウントします

    131023-0014

    131023-0016


    本来ならここで隠しファイルの”BaseSystem.dmg”が表示されているはずなのですが無いのです。コマンドが間違っているのかと思い色々試したのですがダメだした

    Terminalからはファイルが確認できるのですがね

  12. extended attributesの削除
  13. Macには詳しくないのでとりあえず拡張ファイル属性を削除することにしました
    その前に念の為に”BaseSystem.dmg”をコピーしてそちらを使って作業します

    無事に見えるようになりました
    131023-0017

  14. ディスクユーティリティで復元
  15. ディスクユーティリティで”BaseSystem.dmg”をUSBメモリに復元します
    131023-0019

  16. Packagesショートカットの削除
  17. 復元されたUSBメモリの[System]-[Installation]からPackagesショートカットを削除します
    131023-0021

  18. Packagesフォルダをコピー
  19. マウントしたInstallESD.dmgの中にある”Packages”を復元されたUSBメモリの[System]-[Installation]にコピーします

    131023-0022

    131023-0025

忘れずに設定を戻しておきます

これで完成のはずです(^^;; 次回はこのUSBメモリでブートしてOS X Mavericksをインストールしてみます

5 thoughts on “How to make a OS X Mavericks USB bootable Drive

  1. Reply hh 10月 12,2014 14:18

    Failed to start erase of disk due to error (-9999, 0).
    A error occurred erasing the disk.
    の解決方法で色々調べた中で、terminal使用する時ひやひやするほど無知な自分でもわかりやすく解説ありがとうございます。
    10.Packagesフォルダをコピーまでフォローでき、できましたが、そのあと「忘れずに設定を戻しておきます」というのが、何のためにあるのかわからなく。それはしなくてはならないのですか?

  2. Reply matsuoka 10月 13,2014 10:46

    hhさん、はじめまして
    これは「4.隠しファイルを表示する」で通常見えない隠しファイルを見えるように属性変更したので、それを元に戻す作業になります
    sudo defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles False

  3. Reply hh 10月 13,2014 21:24

    ご回答ありがとうございます。隠しファイル表示はterminal使用せずアプリで表示してましたので、その作業はしなくてもいい感じですね。

  4. Reply ごまふあざらし 4月 13,2015 16:43

    それまでSnow Leopardで使用していたimac 2011 Lateを人から譲り受けたので、
    OSをMavericksにアップグレードしようと思っています。
    その前の準備として、ブート可能な MavericksのインストールUSBメモリを作成しようとしましたが、
    エラーが出て、なかなか上手くいかずに困っていました。
    このサイトを参考にやってみたところ無事インストールUSBメモリを作ることが出来ました。
    ありがとうございます。

  5. Reply matsuoka 4月 13,2015 18:29

    ごまふあざらし様
    お役に立てて何よりです(^^

Leave a Reply

  

  

  


*